シャモニー・ツェルマット・グリンデルワルトをベースに ヨーロッパアルプスを 老夫婦が歩いた!

ユングフラウ

ユングフラウ

★ユングフラウに行くにはここから登山電車が出る
登山電車のグリンデルワルト駅

グリンデルワルトを出た列車はすぐ次の谷底の駅(グルント)で方向転換する。スイスの登山鉄道はほとんどが急勾配を登るため、動力車は常に谷川に配置しているのが特徴である。

列車はぐんぐん高度をかせぎ、アイガーの垂直の断崖の岩肌と質感を感じながら北壁の真下を横切りクライネシャイデックに到着する。

ここはヴェンゲン方面から登ってきた線路と出会うと共にユングフラウ鉄道に乗り換える駅で、アイガー、メンヒ、ユングフラウの姿をじっくり目に焼き付けるところとも言えよう。

ユングフラウ鉄道に乗り換え、文字通りの登山鉄道はユングフラウヨッホを目指して出発する。

次の駅アイガーグレッチャーを出ると、ほとんどはトンネルの中で途中停車駅が二つある。
それぞれ5分ほどの停車時間があり、アイガーヴァント駅では北壁をくりぬいた窓からその難所を間近に見られ、次のアイスメーア駅では「氷の海」の名の通り、フィッシャー氷河がまぶしい。

到着したユングフラウヨッホ駅はトンネルの中で。スフインクス・テラスへの標識をたどり、エレベーターのドアが開いたときは、まぶしさに一瞬何も見えなくなる。

トップ・オブ・ヨーロッパの展望である。


★Top Of Europe の案内板
Top Of Europe の案内板

★ユングフラウ(4158m)を間近に
ユングフラウ(4158m)を間近に

★アレッチ氷河
アレッチ氷河

★氷の宮殿で
氷の宮殿で

★氷の宮殿のオブジェ
氷の宮殿のオブジェ

★プラトー展望台出入り口とヨッホ展望台・メンヒ
プラトー展望台出入り口とヨッホ展望台・メンヒ

★ユングフラウヨッホ展望台
ユングフラウヨッホ展望台

★観光客でにぎわうプラトー展望台とアイガー

観光客でにぎわうプラトー展望台




●続いてメンリフェンへ

a:2931 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.72
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional